弁護士に依頼する際の費用となる、弁護士報酬の詳細について、ご紹介します。まず、「法律相談料」が発生します。文字通り、弁護士に法律相談を行うことによって発生する費用であり、時間制で料金が発生するというのが一般的です。

次に、「報酬金」が発生します。報酬金は、依頼に対する成功報酬となります。依頼が終了した時点で、成功の程度に応じて支払う費用であり、依頼が不成功の場合には、この弁護士報酬を支払う必要はありません。 次に、「手数料」が発生します。依頼した案件が、1回程度の事務的な手続きで解決するケースで、支払う費用となります。

契約書や遺言書などの作成や、会社設立の手続き、遺産相続放棄の手続き、登記などの手続きで、手数料が発生します。次に、「実費」が発生します。依頼を行う上で実際に必要となる、交通費や通信費、宿泊費などの費用となります。裁判を行うケースでは、収入印紙代や記録謄写費用、保証金、供託金、鑑定料なども実費に含まれます。

法律相談をした場合の弁護士費用の相場は、1時間で5,000円~10,000円となります。日弁連では、「市民のための弁護士報酬の目安」を開示しておりますので、一度参照されることをおすすめします。弁護士費用は、現在の状況や内容によっても異なってきます。相場はあくまでも目安となります。具体的に弁護士に依頼されることを検討される場合には、無料相談を利用して、専門家に確認するというのもひとつの方法となります。