多重債務に陥り、法律事務所に債務整理を依頼するには、まず信頼できる弁護士を探すことが大切です。法律事務所を知らない場合は、お住まいの地域の弁護士会に問い合わせると良いでしょう。弁護士費用などに不安がある場合は、弁護士費用立替払い制度(法律扶助制度)を利用できることがあります。

弁護士をみつけ、相談に向かう際は、事前に自身の負債の状況や契約書等、また、おおまかな資産についてある程度まとめておくことをお勧めします。債務整理の種類について説明します。

まずは、自己破産手続きです。裁判所を通して、自身の資産を明らかにした上で、最終的に法的に負債をなくす手続きです。高価な資産がある場合や著しい浪費による借金の場合は破産管財人が選任されるため、弁護士に支払う報酬の他に管財費用が発生します。

次に個人再生手続きです。裁判所を通して、負債の一部を免除し、残りを3年から5年かけて弁済する方法です。毎月の安定した収入がある場合に向いている手続きです。最後に、任意整理手続きです。

債権者と交渉し、分割払いをしていく方法です。業者によっては、利息制限法に基づき計算し直すと、残高が減る場合があるため、その金額をもとに分割払いの交渉を進めます。毎月の弁済原資の確保が必要ですが、所有資産や、負債が増えた事情などに左右されず、また、自己破産や個人再生と違い、任意の債権者だけ整理することができる方法です。

また、業者によっては、利息制限法に基づき計算し直すと、過払いとなっていることもあります。その場合は、債権者に対して返還請求をすることになります。