過払い金請求に関しては、法律の専門家に依頼をすることができます。法律の専門家というと弁護士や司法書士があり、過払い金請求に関しては行政書士に依頼をすることもできます。しかし弁護士に依頼をした法がメリットになるところもいくつかあります。

そのなかの一つが裁判所へ出頭なくてもよいと言うことになります。これはどういうことかというと、現在ある過払い金を満額回収するためには、訴訟の提起が必要になります。司法書士もこの訴訟提起をすることができます。

しかしこの際には訴訟代理権があるのが簡易裁判所だけということになるので、訴訟を行うことができる金額に制限が出てしまうのです。

簡易裁判所では140万円以下の訴訟しか行うことができないのです。したがって140万円を超えるような訴訟に関しては、司法書士はできないと言うことになります。したがって140万円を超えるような訴訟の場合には代理をすることしかできないので、弁護士の法が有利となります。

この場合140万円を超えるような訴訟を行うことができます。このほかには裁判所へ控訴審の際に出頭する必要がありません。貸金業者によっては簡易裁判所で判決が出た後でも控訴してくると言うこともあります。この場合には地方裁判所へ係属すると言うことになるので、司法書士では代理をすることが難しくなります。

このような金額による制限を貸金業者はよく分かっているので、依頼者に何度も裁判所に来てもらうように働きかけたりします。このようなときについ和解交渉に応じてしまい希望の金額を回収することができないと言うことがありますが、弁護士の場合にはこのような弱みがありません。