交通事故が発生したときには、まず示談という話しあいが行われるようになっています。ここでは被害者側と加害者側の任意保険会社の担当者がかわりに話しをするということが多くなっていますが、事故に関してどちらにどれだけの過失があったのかということなどが話し合われています。この割合で損害賠償請求金額が異なってくるのです。この割合のことを過失割合といいます。

この際の基準となるのが別冊判例タイムズの民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準というガイドラインとなっています。この過失割合を巡っては、相手の保険会社と話を進めていくと言うことになるのですが、有利に話を進めていくためにはたくさんの証拠を集めると言うことが必要です。

これは書面による証拠集めとなっていますが、警察が現場検証をして作成する調書に関してもとても重要となってきます。しかしこれらは誰が見ても分かるように書かれていると言うことではありません。専門家でなければ理解できない部分もあります。

弁護士基準の交通事故慰謝料の相場

したがってたとえ見せてもらうように依頼をしても理解できないこともあれば、見せてくれないという場合もあります。実際にどのような書類があるのかということが分からないので、被害者側に有利な書面であっても気がつかないまま話が進められているということもあります。

このように何も分からないまま示談交渉を進めていくというのは避けるようにします。交通事故の際に被害者側が保険会社と同じ立場で過失割合を決めていくためには、書面をしっかりと理解すると言うことが大切です。

そのためには交通事故に強い弁護士に依頼をするということが大切です。