交通事故が発生したときにはまずケガの治療を行う必要があります。このときにケガなどの肉体的な苦痛以外に精神的な苦痛を与えられることにもなるので、これらに対して加害者側に慰謝料の請求ができるようになっています。交通事故慰謝料の弁護士基準については一定の基準が設けられています。

そのなかに自賠責基準というものがあります。これは被害者自身が加害者側の保険会社の担当者と話しあいをしたときに提示される賠償金額の基準と言うことになります。

金額の基準にはこの他に任意保険基準や弁護士基準という物がありますが、これらと比べて補償額が一番低い物となっています。なぜこのように低い金額になっているのかというと、それは被害者の救済を目的に国が定めた保険制度となっているからなのです。

したがって最低限の費用しか補償されないというのが特徴となっています。この自賠責基準はどのようなときに使われるようになっているのかというと、被害者が加入している保険会社の担当者が被害者のかわりに交渉できない場合となっています。

弁護士基準と保険会社基準の交通事故慰謝料の違い

交通事故で被害者側に過失が全くないと言うようなときには、この自賠責基準が適用されるようになっています。しかしこのときに弁護士に依頼をすれば基準は異なってきます。この自賠責基準は自動車損害賠償補償法という法律で決められた自賠責保険の支払い基準となっています。

正式名称は自動車損害賠償責任保険支払い基準となっています。慰謝料の請求をするときには、このような基準があるということをしっかりと頭に入れておきます。