今までに消費者金融などでお金を借りていた人が、完済しているというケースはたくさんあります。このときにその支払ったお金が過払いの状態であるという可能性もあります。

この場合この払いすぎたお金を返還してもらえるように請求をすることができます。この請求に関しては法律の専門家である弁護士に依頼をするという形になるのですが、今までに利用したことがあり、完済しているという場合には、一度内容を確認するようにします。

ここで頭に入れておかなければいけないことは、過払い請求に関してはいつまでもできると言うことではなく、請求期限が設けられていると言うことです。その期間は業者との最終の取引から10年までとなっています。この期間が10年を超えているという場合には請求が難しくなるので注意が必要です。

この期限を過ぎている場合には、過払い金の変換を受けていない状態であってもお金を請求することができなくなり、消滅時効と言うことになります。したがってここで大切なことは、自分が利用していた業者との取引に関して、少しでも疑問や違和感を感じると言うことがあれば、迷わずに弁護士に相談をするということです。

弁護士は依頼者ののかわりに借金の借入や返済状況の調査を行ってくれ、過払い金が発生していないかどうかの調査を行ってくれます。またこれらの計算だけではなく金融業者との交渉までを行ってくれます。このような請求期限を自分で確認することができるように、今までに利用した資料などは残しておくとわかりやすいです。